2022年09月25日

入力完了時にTABキーを使うとカーソルは下ではなく右に移動します

CALCの入力確定時のカーソル移動について
カーソル移動の話ですので、参考知識として掲示します。(Excelも同じ挙動になっていたと思います)

入力完了時にエンタキーではなくTABキーを使うとカーソルは下ではなく右に移動します
TABキーで右にどんどん移動していき最終項目のデータ確定時にだけエンターキーを押すと入力開始列までジャンプして戻ります。

例えばA列1行目から1行から右に入力を続ける場合、確定をエンタキーでなくTABキーでカーソル移動を右に続けることができます。
TABキーで入力を続け、最終項目の入力完了時にのみエンタキーを押すとA列2行目にジャンプで戻ることができて非常に便利です。
※特に入力項目が横にズラーッと続くようなデータ入力作業時には威力を発揮します。

エンタキー押下でサッとA列までカーソルが戻るのを見ていると、データ入力作業でイライラしている気分を少しスカッとさせてくれます。


タグ:使い方
posted by LibreOffice Users Group at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Calc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月15日

マクロをパスワードロックしても日本語が正しく表示されるようになっています

Ver6.2頃までは、マクロにパスワードをつけた場合、MsgBoxなどでは日本語が文字化けしていました。
今回、Windows版のVer7.2でテストしてみたところ、文字化けせずに表示されるようになっていました。
以前はパスワードロックはできていたものの、日本語部分が文字化けする状態でした。
ver6.2頃までは文字化けしていた部分もしっかり表示できるようになっています。
これでマクロをロックした運用が可能となり、利用者によるマクロ変更を防止できるようになりました。

ご存じのように、OpenBasicマクロをパスワードロックする場合、標準ライブラリーであるStandardに保存ではパスワードロックできません。(パスワードボタンを選択できないです)
ロックしたい場合はライブラリーを別作成する必要があります。
別ライブラリー作成のやり方は、ツール→マクロ→マクロの管理→Basic マクロの記録先 から該当するシートを選択し、管理(G)をクリックします、Basicマクロ管理→ライブラリ→場所:該当するシート名 を指定して「新規作成」で Library1 等を作成できます。 

別ライブラリーを作成したら、Standardライブラリーに保存していたマクロをドラッグ選択して切り取り貼り付けを実施したのち、パスワードボタンをクリックしてパスワードをセットします。


マクロを実装するファイルで、よく使うのはCalcとBASEなので、BASEでもロックできるのか?
文字列を合成して出力する場合でも文字化けしないか?
パスワード無しと同じ動作をするのか?一度調査する必要がありそうです。



posted by LibreOffice Users Group at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | OpenBasic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月29日

意外に知られていない別ファイルにあるデータ範囲参照

Calcのvlookup関数を使っていて、別のodsファイルにあるデータ範囲を参照する場合ってどうやってますか?
CalcもExcelと同じセルに入力した関数単位でも別ファイルの範囲を参照することが可能ですが、file:///からのURL記述になるためか動作がワンテンポ遅れるようで不安定だなと感じていました。
そこで、マスターとして使う別ファイルのデータを外部データとして範囲名でリンクを張る方法をやってみました。
考え方はvlookupが参照するデータ範囲をセル単位で個別リンクするのではなく
データ範囲を範囲名でシートリンクするというものです。

別ファイルにあるマスターデータが範囲名単位で手元のシートにコピーされてくると言ったイメージでしょうか
vlookup関数はコピーされた手元シートを参照するため、データ表示のもたつきもなく軽快に動作します。
手元のファイルを開く度にシートリンクを確認され、範囲名単位でコピーされてくるので安心感もあります。(リンクに失敗するとデータが表示されないのでスグに判ります)
リンクする時間を設定することも可能なようですから、タイマー式の範囲コピー処理等、使い方を考えれば非常に便利に使えると感じました。
【やり方】
・リンク元になるシートにリンクさせたい範囲に範囲名を付けて保存します
 シート → 名前付き範囲または式 → 設定 

リンク先になるシートでリンク設定を実施
・シート → 外部データとしてリンク → ブック指定 → 範囲名選択
セル単位でリンク参照するのではなく、参照するマスター自体を範囲名としてリンクする

vlookup等での利用だけでなく、いままでマクロで実行していた計算結果一覧を別ファイルにまとめてコピー貼り付けする等にも使えるのではないかと考えています。
Excelで多用されている別ファイルにあるセルへのセル単位での値リンクの再現をCalcの弱点であるセル単位での外部ファイルリンクのグズグズを使わずに利用可能なのではないかと思います。
タグ:Calc
posted by LibreOffice Users Group at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Calc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
スポンサードリンク